読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*これもすべて同じ一日*

毎日の備忘録。最近は作ったもの=食べたもののことばかり。

パシフィック・リムを見た

昨日は墓穴の人は実家に帰っており、家でひとり。家事を少しだけ片付けて、ゴシップガールSeason2の続きを見て(DVDの3-4巻あたり)。アメリカの大学進学って日本と全然違うのね〜。ブレアはなんですぐひねくれちゃうんだろう。あとジェニーが見るたびに嫌な子になっていって、辛いな。15歳って!このドラマの中でまともなのはダンとダン父だけだな…。ネイトもSeason2の最初で「…」と思ったけど、顔が好みなのでなんだかとやかくいう気になれない(ドラマの中の人に対してとやかくとかないけど)。
夕方、墓穴の人と合流して『パシフィック・リム』を見に行った。吹き替え2D版です。3Dだと一人2200円もするしレディースデーの恩恵も受けられない、一方でTOHOシネマズは2Dだけど14日は1000円DAY…迷わずTOHOシネマズにしたのでした。そもそも、この映画を見るきっかけはTwitterのTLに流れてきた「ちゃんとした声優さんで吹き替えしてます」というニュースだったのだった。
さて、肝心の映画というと…けっこう面白かった!

【あらすじ】
2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。人類は一致団結して科学や軍事のテクノロジーを結集し、生命体に対抗可能な人型巨大兵器イェーガーの開発に成功する。パイロットとして選ばれた精鋭たちはイェーガーに乗り込んで生命体に立ち向かっていくが、その底知れぬパワーに苦戦を強いられていく。
Yahoo映画!より引用

世界観と映像を楽しむ映画だと思う。設定はしっかりしているけども、登場人物の心の葛藤とかは割とあっさり目です。でもこのあっさり具合が変にお涙頂戴とかに走ってなくてよろしい。
菊池凛子が出ていてびっくりした!眼力がすごいなー。林原さんの声は上手でよかったけど、菊池さんの顔とはちょっと合わないかなあ…芦田愛菜ちゃんまで出てきた(でもこっちは吹き替えられてなかった)。
生命体と戦うところとか、やられているときのエグい部分がけっこう描写されていて、怖い。これ自分が子供でロボット怪獣ものだと思ってこの映画みたらトラウマになるなあ、と思った。
2時間強の上映時間で、ラスト駆け足だけど楽しく見られた。あまりひねくれた構造でもない。最後生命体の子供がまだ残っていて…なんて展開を予想していたが、外れたね。
三ツ矢雄二が声あててる数学者、ぴったりだった(超三ツ矢雄二だったが…でもぴったりなんでいいとおもう)。相方?の怪獣オタクの研究者、メガネのせいでオリラジの藤森に見えて仕方がなかった。私だけ?