読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*これもすべて同じ一日*

毎日の備忘録。最近は作ったもの=食べたもののことばかり。

親戚の集い等

日常生活

今日(5/3)は墓穴の人の親族の結婚式だった。私は出席じゃなかったんだけど、そのあとの親族のひとたちだけの飲み会には出ることに…はあ、緊張した。知らない大人がいっぱい、こういうところで如才なく付き合う才覚が欲しい。墓穴の人の母上ともうまく付き合う方法がわかっていない(仲が悪いとか嫌いというのではなく、まだお付き合いが確立できていないという感じ)というのに。しかしごはんを沢山食べなさいね!と言ってもらったので遠慮無くパクパクいただきました。それにしてもちょっと遠出したので疲れた…

 

そうそう鍋エントリの続きを書く前に結論ですが、一週間ばかり悩んだ末に、新しい鍋(というか両手フライパン)を購入しました。Silit Silarganのサービングパン28cmです。 

サービングパン28cm ブラック S1928250001

サービングパン28cm ブラック S1928250001

 
  •  もっと底面積がひろいフライパン(高さは低め)
  • すきやき鍋など油物OKな鍋(他にも使い道があるとなおよし)

この要求に応えるものを探していて…

ただ底面積の広いフライパンを買うだけなら、定番ティファールにするかはたまたリバーライトとかにするか、しかし鉄は手入れが面倒だしこれから忙しくなるから扱いが適当でも錆びないもののほうがいい。

鍋については、一時期はル・クルーゼのジャポネーズでいいんじゃ?と思っていたけど、ジャポネーズだと煮込みはOKだけど焼きはなあ…と思い、またこのままル・クルーゼで買い揃えていくのでいいのか?悩み…(ル・クルーゼにしたらきっと捨てないだろうし)。春になったししばらく鍋もないよなあ、と。

 

そんな中、この1月から毎日登板しているミルクポットを出したシラルガンのサイトを見ていたら、ちょうど良さそうな製品があるではありませんか。両手取っ手で、焼き・鍋どちらもで使える。デザインも洋風に傾きすぎてないので和食の鍋とかも違和感がなさそうだし、パエリア鍋としてそのまま食卓に出してもいい…とかなんかお洒落。

 

ただ、フライパンとしての使い勝手はコツが必要らしく(しっかり予熱をして、油をなじませたのちに弱中火にして焼くのが必要で、テフロン的使用法だとすぐはりつくらしい)。何よりけしてお安くなかったし!ル・クルーゼのジャポネーズよりは安いけどさ、普通のすきやき鍋だったら2-3000円で済むのに…でも、なんだか欲しくなってしまって。

シラルガンはなぜか楽天とかでも値崩れることが少なく*1また取扱店も少ない。ミルクポットを買う時から色々ウォッチしてますが、楽天以外のところでのほうが安い、という印象。昨年2013年に販売代理店がセイエイからWMFへ変わったタイミングで廃盤品は値崩れしたようですが…いまはフライパン倶楽部さんかシラルガンファンさん*2あたり、もしくはamazonが最安かなあと思って毎日アクセスしてたらamazonさんで値上りしてしまい、うぇーと思いながらgoogle ショッピング検索をしたらなぜかヨドバシで在庫が1個だけあったのを発見。諸々考えて一番割安だったヨドバシで買いました。

 

http://instagram.com/p/nhMdYDzCk9/

つやつやしていて、シンプルでかっこいい。さすがmade in ドイツ。使うのが今から楽しみ。

 

この蓋をまだ買っておらず、28cmの蓋は廃盤になってるらしく市場在庫を探して買うか他メーカーの28cm蓋を買うしかないんだけども、蓋だけで4000円位するんですよね。高いよね…でもガラスの透明な蓋ほしいよ!

*1:ル・クルーゼほど人気がないせいなんでしょうか?ミルクポットも人気の割に1万円を切るのはファミリーセールかデパートの催事の値下がりだけのような気がする

*2:シラルガンファンさんのところはサービングパンフタ付きセットがお得です