読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*これもすべて同じ一日*

毎日の備忘録。最近は作ったもの=食べたもののことばかり。

表参道へ

日常生活

お休みということで少し遠出をしよう、そうだそろそろ財布も5年使ったことだし新調しよう…ということで表参道へ。今使っている財布はhiroko hayashiなのですが、また同じものにしようと。そこのブランドの直営店が骨董通り沿いにあるのです。三越とかでも取り扱いはあるのだけれど、直営店は定番ラインナップ外のものも在庫であって、相談すると持ってきてくれるので、hiroko hayashiでどれか、であれば青山店に行くべきだと思います。

せっかく表参道に行くなら美味しいものを食べよう…ということで、本当は小原流会館地下にある「ふーみん」*1に行きたかったけど、この店は日祝休み(涙)。中華な気分だったので、だったら「希須林」へと。


日替わり炒飯定食(1050円)にしました。カニレタスチャーハンと棒々鶏、あとお味噌汁。無料で大盛りにしたら、だいぶ多かった…ので墓穴の人にあげた。パラッパラで美味しい炒飯。棒々鶏も胸肉とは思えないしっとりさ、そしてゴマだれが、ごまっぽすぎず、かといって酢が勝っているわけでもなく、甘さが出ているわけでもない、なんとも表現出来ないバランスで凄く美味しかった。
「希須林」はシンプルで、塩気もぎりぎりまで控えめで、でも香辛料は効かせて、弁えた感のある中華料理。ホテルとか…飯店とかそういう系統とは全く違う、普段の中華をもっと洗練させたような感じで、いつ食べても美味しい。青山も美味しいですが、一度行った阿佐ヶ谷の本店「希須林 小澤」はここ以上だった。また行きたいものです。

昼食を終えてspiralで雑貨とか食器とかみて、それからhiroko hayashiへ。セール中ということで盛況だった。色々見比べたけど、結局定番の財布にしてしまった。

そのあと原宿まで歩いて帰宅。表参道界隈をうろうろしただけというのに、えらく体力を使って、夜ごはんは、しらすぼしごはんと納豆という体たらくでした…

*1:中華/台湾家庭料理の店