読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*これもすべて同じ一日*

毎日の備忘録。最近は作ったもの=食べたもののことばかり。

本の楽しみを思い出してきた 今日の出来事

高校~大学にかけて、大好きだった作家は村上春樹だった。だった、と書いているのはこの10年ばかり本から遠ざかっていて、ほとんど読んでいなかったから。その村上さんが読者のメールにお返事する、という企画「村上さんのところ」がこの1月に始まった。始まったのは知っていたのだけれど、結局メールを送るのにも思い至らず、HPも見ておらず…が、今月にはいってからふとしたことから読み始めたら、なんて面白い。そもそも私は村上さんのエッセイが好きだったので、まったく雰囲気がかわってなくて、懐かしく…過去からさかのぼって読んで、ようやく2/17まで来ました。きょうは3/23なのであとひと月分ある。毎日更新されているので、いつ追いつけるだろうか?

その返事をずーっと読んでいて、「小説を読む」「体を鍛える(動かす)」「音楽を聴く」この3つのことを村上さんは楽しんでいるのだな、と思って。

まあ私は体を動かすのは好きではないのでさておき、小説を読むのと音楽を聴くのは好きだった。でもどちらも少し縁遠くなっていた。子供が産まれてからというもの、イヤホンをつけて音楽を聞いていたら泣き声に気づかないかもしれないしね。小説は、社会人になってからめっきり関心が湧かなくなっていて、読んでもライトノベルのようなものであったり、せいぜいエッセイであったり。小学生や中学生の頃は一日貸出冊数ギリギリ6冊借りて翌日返して…というのが嘘だったかのように読めなくなっていて。

でもなんだか返事を見ていて、小説でも読んでみようか…って気持ちになったので、図書館で『ティファニーで朝食を』を借りてみた。昨日読み終わった。うまく言葉に出来ないけれど、小説を読むって、こういう楽しさだったんだな、って思いだした。この本を返しにいったら、また新しい本借りてみよう。

 

中高生の時にハマっていた漫画『天上の虹』がとうとう完結した…っていうことで最終巻を買いました。さらら様…!こういう死に方するとは…あっけない。さらら様(もとい里中さんの)の理屈っぽさが時にうっとうしくも感じることがあったが、歴史漫画として、かなりのパワーとドラマを感じる漫画だった。22巻まで買い直す気満々…また大海人様にイラっとするんだろうけど!草壁のバカ!って思うんだろうけど…

 

天上の虹(23)<完> (KC KISS)

天上の虹(23)<完> (KC KISS)

 

 今日、この天上の虹を買いに散歩に出たら、ご近所で携帯会議でご一緒だったお嬢さんとばったり!まさかの嬉しい遭遇でした。