読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*これもすべて同じ一日*

毎日の備忘録。最近は作ったもの=食べたもののことばかり。

9月27日 塩豚は正義、ポン酢も正義

朝…ソーセージとキャベツの味噌スープ、ごはん(すき焼きふりかけ)、祖母作卵焼き、キャベツの塩もみ

昼…高菜明太パスタ、祖母作コールスローサラダ

おやつ…六花亭のマルセイキャラメル等

夜…塩豚のソテー(しいたけ・エリンギ添え)、しめじと油揚げの味噌汁、塩肉じゃが、これもかにたま?、祖母作ソーセージの肉巻きフライ、ゆでブロッコリ、ごはん

 

 朝ごはんは昨日作ったものを持ち越し。高山なおみさんの『野菜だより』のキャベツのページにのっていた、簡単味噌スープ。ソーセージとざく切りキャベツを、水と鶏がらスープ、バターで蒸し煮にして、味噌で味付けするというシンプルなもの。美味しい。ソーセージとごはんって素朴な取り合わせというか、どこかお弁当を思い出して好きです。

野菜だより

野菜だより

 

 昼は、高菜明太が残っていたのでパスタにしてみた。大根おろしをのせてポン酢をかけてみたらなかなかサッパリして美味しいではないですか。高菜明太自体がけっこう食べやすくて好きだったので、生協のカタログで見かけたらまた買おうかな。

 

夜は、墓穴の人が大好き(私も好き)な塩豚を切って焼いただけのものを。レタスがあったので添えて、焼いたあとのフライパンでしいたけ・エリンギを炒めました。おろしポン酢につけていただいて。うーん美味しい。ごはんも新米なので最高。塩豚の残りは豚汁にしていただく予定だけど、本当のこというと全部薄切りにして焼いて食べたいくらい…。

塩肉じゃがは、『大人気料理家50人のニッポンのおかずBest500』の平野由希子さん(ル・クルーゼ料理本で有名な人、という印象)のレシピ。醤油を使わず、味付けは塩・砂糖・酒・みりんのみという潔さ。最初に炒める油もオリーブオイルで、どんな味かな、薄らボケた味になるのではと少し心配していたのだけれど、じゃがいもも人参もぽっくり甘く煮えて、大変美味しい!塩気もちょうどいい。

 この料理本は買ってみたものの、厚ぼったくて大きい装丁だし索引が不便で、どうにも使いづらいと思ってほとんど放置していたけれど、いつも同じ作家さんの料理ばかり作っている私には新鮮なレシピもあるし、これからちょくちょく使ってみようと思う。

この本には有元さんは参加してますが高山なおみさんは参加してません(あ、でも枝元さんもレミさんも参加している)。