読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*これもすべて同じ一日*

毎日の備忘録。最近は作ったもの=食べたもののことばかり。

6月12日(日)北翔海莉さん!!みっちゃん!!

朝…トースト、ハム、目玉焼

昼…帝国ホテルでビーフカレー

夜…「蔦」監修冷し醤油ラーメン

 

今日は教習予定なし。なぜなら、宝塚観劇予定があったからです。

はてなブログに移ってからはあまり書いてなかったけども、高校生の時はかなり宝塚大好きで、でも財力がないので、歌劇を擦り切れるほど読み、たまに*1宝塚グラフを買い、BSハイビジョン放送があれば友達に頼んで録画してもらって繰り返し見て、年に1-2回生観劇できるかどうか…という。ここ15年ばかりは数年に1度、人に誘われたら見に行く程度で、もうすっかり生徒さんも入れ替わってしまったのでダレがダレだか…なんだけど、いまの星組のトップ・北翔海莉さんは知っている(私が熱烈に宝塚を追っかけていた頃の)最後の路線生徒さん!下級生のときは超路線まったなしだったのでなぜいまようやく…という感ありつつ、しかしなんでもできるオールマイティーな北翔さんの舞台が見られるのが嬉しい!!!

というわけで久しぶりに東京宝塚劇場へ。その前に友人と帝国ホテルでランチ。すごい値段だなあ…と思ったけども、カレーはさすがの美味しさでした。牛肉の塊が惜しげもなく入っていたよ…満足だよ…。

 

kageki.hankyu.co.jp

さて、今回はお芝居は『こうもり』とショーは『THE ENTERTAINER!』の2本立て。

 

『こうもり』の方はオペレッタを下敷きにしているということで、かなり歌が多い!そしてセットもバラが飾ってあったり電飾がいっぱいあってキラキラしていてともかく豪華。宝塚というと意外とセットがしょぼくてそこがイヤだったんだけど、今回は好き!衣装も紫色ベース?でストレートじゃない色使いでよかった。脚本はまあオペレッタなので複雑な感じでもなく、笑いを取りにきていて、気楽に見られて楽しかった。メインキャスト以外はあまりセリフがないのはやむなしか…今回見ている分には楽しいけれど、下級生とか上級生はセリフ少なすぎるからファンは辛いかなあ~。

北翔さんは朗々と楽しそうに演じられていた。歌もダンスも素敵…娘役トップの風さんも、ファニーフェイス系だけどもパワフルででも可愛らしく…このコンビ、お互いのこと大好き!って感じでいいね。お芝居はトップ2人の恋愛は書き込みしなさすぎていいのかよ!って感じではあったが。

目についたのは、十輝いりすさん。背が高くて男っぽくてかっこいい~(こないだテレビで見た『琥珀色の雨に濡れて』でも2番手役をやってて気になっていた)。ともかく目がいってしまったんだけれども、なんとこの公演で退団とのこと…(T_T)。紅さんは笑いを取りに行きすぎでは?しかしこの作品でしか見てないので判断は出来ないが…でも容姿はいかにも宝塚の男役然ですなあ。紅さんの声が、昔好きだった男役さんと似ているので時折悲しい気持ちに…。あと、礼真琴さん(3番手?)が歌ウマで気になった。

ショーのほう、これがまた、今までの宝塚レビュー史上で3本の指に入る良さだった(ほかの2本は、『バビロン~浮遊する摩天楼~』と『パッサージュ』)。オープニングから始まりすぐにラインダンス、場面ごとの転換が早くて、息もつかせぬ感じ。だいたいショーって途中から間延びして眠くなるんだけど、今回はそれがまったくなかった…ともかく「いかにも宝塚っぽい」のを詰め込みまくった感あり。しかし宝塚っぽいチームにわかれてダンスで勝負、みたいなのはなかったけれども(笑。みっちゃん(北翔さん)は途中で透明なグランドピアノを弾き語りしながら歌って、その歌詞がまたね…あなたがいたから私はがんばれました、私はいま星組で歌ってます…みたいなね…ファンだったら泣けるよな(解説すると、北翔さんは月組で超路線だったけど宙組に組み替えの後はなかなかトップに王手をかけられず、組を出て専科になってどうなるの???という状態のまま学年がたち、去年ようやく星組でトップになられたのです)。私もうるうるする…

ともかくトップが目立っていて、でも他のスターにも上手に割り振りしていて、よかった。勢いがあって、明るくて、しっとりもしていて。

 

今回は2本とも面白くて、こんなの宝塚観劇史上初です。あと公演が1週間しかないのがくやしい。まだ時間があれば、なんとしてももう一度見に行くというのに…

 

パンフレットを買うだけにしよ…って思ったけど、ル・サンク(公演写真集)と十輝いりすさんのポストカードを買ってしまいました。見るたびににやけて幸せ~。

 

楽しい一日でした。久しぶりのヒールで足の裏は死んだけれども。

*1:歌劇を買っていたのでもう一冊買う余裕なんてお小遣い3000円の高校生にはない