読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*これもすべて同じ一日*

毎日の備忘録。最近は作ったもの=食べたもののことばかり。

  • 朝…目玉焼き、ごはん、きのこと蕪の葉の味噌汁
  • 昼…サラダ、ミスジガーリックステーキ、ごはん
  • おやつ…ほうじ茶、柏餅
  • 夜…とろろごはん、ニンニクの芽と豚肉の炒め物、ヒジキとセロリとキュウリのサラダ、豆腐とワカメの味噌汁、竹の子のかか煮
f:id:fyouko:20140505183035j:plain
f:id:fyouko:20140505183048j:plain
f:id:fyouko:20140505183056j:plain
 
朝ごはんは、めずらしく和食?で。ごはんをシラルガンのミルクポットで炊き(コツがつかめたので、固めで上手く炊けた)、味噌汁と目玉焼き。実家は朝は洋食と決まっていたので、朝に味噌汁というと旅行のような気分になる。
昼ごはんは近所のステーキ屋でランチ。久しぶりにがっつり肉を食べて満足。具合が悪かったのは貧血のせいだったみたい。
 
夜ごはんは写真がぶれてしまってないのだけれども、ヘルシーだけど精のつく料理という?コンセプトで。
とろろは小さい頃からの大好物。きょうの料理土井善晴先生のレシピは、味噌と出汁で味をつけるというもので、醤油じゃないのが新鮮で試してみた。しょっぱすぎず、美味しかった(長芋じゃなくて大和芋買ったせいかしら)。
サラダは有元葉子さんの『時間をかけない本格ごはん、ひとりぶん』より。この料理本は使い勝手がいい。戻したひじき、短冊切りしたセロリとキュウリ、玉ねぎをオリーブオイルと塩コショウで和えて、レモン汁をかけるだけ。あっさりです。セロリは切った後水に晒すのでシャキっとしていい。
ニンニクの芽と豚肉の炒め物は、適当に作りました。豚こまを塩コショウ酒片栗粉白身で揉んでおく。ニンニクの芽はサラダ油と塩をいれたお湯でゆでておく。サラダ油で肉を炒めて、色が変わったら酒とナンプラー、ニンニクの芽を加えてざざっと炒める。白身は別にいらなかったかもしれない(とろろに黄身をいれたので、残ってしまったので使っただけ)。適当に作った割に味がしっかりしていて美味しい。ニンニクの芽だけでも香味があるので、生姜やニンニク、味覇なんかいれなくても十分でした。また作ろう。
レミパンのテフロンがいよいよ…な感じになってきたけれど、鍋を買ったばかりなのであと3ヶ月は頑張りますw
 

 

時間をかけない本格ごはん、ひとりぶん

時間をかけない本格ごはん、ひとりぶん